【Google検索】XXXと検索すると何かが起こる”隠しコマンド”をまとめてみました

Google_wordmark

多くのユーザーが使っているGoogle検索。あるワードを検索すると、画面の表示が変化したりする、イースターエッグと呼ばれる隠しコマンドがあるのはご存知でしょうか?今回、いくつか紹介してみたいと思いますので、ぜひ試してみてください。

※WebブラウザをChromeの場合のみ確認しています。他のブラウザでは動作しない場合もあります。

 

 

 

画面が傾く

askew」(斜め)と検索すると、ブラウザの画面が傾きます。
tilt」(傾ける)でも同様になります。

fd000239

 

 

画面が回転

do a barrel roll」(横転しなさい)と検索するとブラウザの画面が一回転します。

fd000240

 

 

 

Googleが崩壊

Google Gravity」(グーグル重力)と検索し検索結果の一番上に表示される「Google Gravity – Mr.doob」にアクセスすると起こります。

fd000241

 

 

人生、宇宙、すべての答え

人生、宇宙、すべての答え」を検索すると、Google電卓で「42」と出ます。一見「?」なのですが、答えは2番目以降の検索結果に書いてあるので、ぜひ見てみてください。

fd000242

 

 

めったにない

once in a blue moon」(めったにない)を検索するとGoogle電卓で「1.16699016 × 10-8 ヘルツ」が表示されます。

ブルームーンとは、ひと月に満月が2回巡ることで、めったにないことの慣用句とされています。結果で表示された「1.16699016 × 10-8 ヘルツ」を計算してみると1.16699016 × 10のマイナス8乗ヘルツは
1秒に0.0000000116699016回。これは19年に7回くると言われているブルームーンの周期とぴったり。そういうことなんですね。

fd000243

 

 

シューティングゲーム

Zerg Rush」を検索すると、赤と黄色の「o」の文字が画面の上を動き回り、カーソルを「o」に合わせてクリックして撃墜していくゲームができます。

※PC、Macで試してみてください。

fd000244

 

 

 

 

 

 

 

 

Google_web_search(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加