麺もスープも抹茶づくし!「お茶のカレーうどん」が想像のななめ上すぎると話題!

出典:atpress

京都宇治茶で有名な老舗「伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)」から、なんと大胆な発想の新メニュー「お茶のカレーうどん」が限定発売されることになり、話題になっているのでご紹介します。

この「お茶のカレーうどん」が食べられる場所は「伊藤久右衛門 JR宇治駅前店」

出典:atpress

2017年11月にオープンしたばかりの「伊藤久右衛門」のお店です。話題の「お茶のカレーうどん」は、2018年2月16日(金)より、1日20食限定(提供可能時間 11:00〜15:00)で販売されています。



他にも斬新な商品が…


さらに驚いたことに「伊藤久右衛門」の斬新な発想はこれだけではありません。2014年からご当地レトルトカレーとしてなんと「宇治抹茶カレー」も販売されていたのです!

出典:itohkyuemon


今回はその宇治抹茶カレーに京風だしを合わせることで上品に仕上げたカレースープと、抹茶を練りこんだ抹茶うどんを融合。伝統的な製法で作られた“宇治抹茶”と、日本人から広く愛されている“カレー”と“うどん”の3つを合わせて開発されたそう。お茶のうどんでも、カレーうどんでもない、お茶のカレーでもない、「お茶のカレーうどん」。想像が斜め上すぎるだけに話題沸騰しています。



会社は老舗「伊藤久右衛門」


会社は、1832年(天保3年)に創業し、1952年(昭和27年)に会社を設立した株式会社伊藤久右衛門。筆者は、サントリーの伊右衛門のペットボトルのお茶とコラボレーションした会社だと思っていましたが、まったく関係ありませんでした。

出典:atpress

歴史のある会社が時代に順応してきた故の「お茶のカレーうどん」。それにしても、味が気になって仕方ありません。ネットでも発売して、早く食べてみたいものです。ホームページでは、他にも魅力的な商品がたくさん発売されていました。ぜひチェックしてみてくださいね!

伊藤久右衛門ホームページ


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:atpress / 出典:itohkyuemon

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加