意外と知られてない? 違法なこと8選

普段見過ごしてしまっている違法な行為って意外と多いものです。
その中でも、知っておいた方がいいんじゃないかな?という8選をご紹介します。

・公共施設で許可なく携帯を充電する

意外とやってしまいがちなのがこちら!
721r 出典:http://sharetube.jp/article/721/
公共施設や様々な店舗などに設けられたコンセントを使いスマホ等を充電する行為。
電気窃盗(盗電)に該当してしまいます。
もし、どうしても充電が必要な場合は、所有者の許可を取ってから充電しましょう。

・列に割り込みする

これされると腹立ちますよね!
warikomir 出典:http://moldaneko.blog.fc2.com/blog-entry-38.html
軽犯罪法違反に該当します。
なので、もし割り込みされたときには、
「あなたの行為は軽犯罪法第一条第13号に抵触します!!」とビシッと言ってやりましょう!

軽犯罪法第1条第13号
公共の場所において多数の人に対して著しく粗野若しくは乱暴な言動で迷惑をかけ、又は威勢を示して汽車、電車、乗合自動車、船舶その他の公共の乗物、演劇その他の催し若しくは割当物資の配給を待ち、若しくはこれらの乗物若しくは催しの切符を買い、若しくは割当物資の配給に関する証票を得るため待っている公衆の列に割り込み、若しくはその列を乱した者
言動の程度によっては脅迫罪や強要罪に問われることもある。

出典:Wikipedia

・電柱・電信柱に登る

テンション上がってつい。。。
011r 出典:http://portal.nifty.com/2010/09/28/b/
電気事業法違反に該当します。
もし、どうしても登りたい場合は電気主任技術者の資格を取得して、お仕事として登りましょう!

・自家製のお酒の製造

お酒が好きすぎて、行き過ぎちゃうと・・・
saker 密造酒の製造に該当します。

酒税法第54条により10年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる

出典:Wikipedia

・お酒を飲んで自転車に乗る

近所だからとつい・・・
otn06-2042_pho01r 出典:j-cast
飲酒運転に該当します。
道路交通法には次のように書いてあります。

(酒気帯び運転等の禁止)
第65条第1項 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

出典:法庫
車両等には自転車も含まれます。
なので、自転車でも飲酒運転になっちゃいます!
因みに、馬車や牛車、人力車もダメです!


・新年会や歓迎会で無理に飲ませる

俺の酒が飲めないのか??
ghiblinomir 出典:http://yunbymunch.web.fc2.com/junks/ghibli7.html
この行為はアルコールハラスメントに該当します。
法的には強要罪傷害罪に問われた実例もあるようです。
個々のペースで楽しく飲みましょう。

・決闘

ここで逢ったがなんとやら・・・
20111109151909dbfr なんと、決闘罪(けっとうざい)なる罪に該当しちゃいます!

決闘を挑んだ者・応じた者(1条) – 6ヶ月以上2年以下の有期懲役
決闘を行った者(2条) – 2年以上5年以下の有期懲役
決闘立会人・決闘の立会いを約束した者(4条1項) – 1ヶ月以上1年以下の有期懲役
事情を知って決闘場所を貸与・提供した者(4条2項) – 1ヶ月以上1年以下の有期懲役

出典:Wikipedia

・サービス残業

はぁ。。。これ給料出てないんだよなぁ・・・
edb8c1bf8cecf2f7382bd8719c7ed938r この行為をさせた使用者は労働基準法違反に該当します。

これに違反した使用者は、6箇月以下の懲役または30万円以下の罰金に処すると定められている。

出典:Wikipedia
なんと、懲役や罰金もあり得るのです!
社長さん!サービス残業ダメ!ゼッタイ!




いかがでしょうか?皆さんはこの8個の違法行為知ってましたか?

刑務所r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加