695本のファミコンソフトで『くにおくん』を表現!驚きのファミコンアートに反響


695本のファミコンソフトで『くにおくん』を表現した驚きのアートがTwitterで話題になっています!

まず、これだけのファミコンソフトを持っていることにも驚きですが、ソフトを駆使して絵を描いてしまうなんて… スゴイ発想です!投稿されたのは、Twitterユーザーのさくら@hullzionさん。


熱血硬派くにおくんが懐かしいっ!!利用したファミコンソフトは基本的に3色のみ。髪の毛や目のあたりはソフトを立てたりして工夫していますね。それにしても懐かしいソフトのタイトルが目に入ってきて、アートの完成度もさることながら、懐かしさにも浸れます。



ちなみに、マリオやリンクなどお馴染みのゲームキャラクターのファミコンアートも紹介されています。






さくら@hullzionさんのアカウントでは、新年の挨拶をテーマとしたアートも投稿されています。





こちらはつい最近のひなまつりの作品。




発想がスゴイですし、完成させるまでの労力もそうとうなものだと思います。こちらは今回反響を呼んでいた「くにおくん」に対して寄せられていた声です。

・流石さくらさん!俺たちに出来ないことを平然とやってのける!そこに痺れる憧れるぅ!
・燃えるお兄さん発見! ダウンタウンシリーズのまわりに見える白いのはハイドライド3ですかね?1かな ロムの色の記憶が曖昧・・・
・すごいね!w何気に服のラインにテクノス系が続いてるの面白いw1本1本のファミコン見てても楽しいよw
・懐かしいですね。ダウンタウン物語は近所の友達が兄弟でプレイしているのを見るのが好きでした。
・ハイドライドとファイナルファンタジー→白いソフトが沢山ある(笑)

出典:Twitter(@hullzion)


このほかにも多数の作品が投稿されていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!
Twitter(@hullzion)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@hullzion)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加