「ここ空いてますか」混雑している新幹線の出来事を綴った老人の投書に賛否両論の声

fd150109x001s 朝日新聞に掲載されたひとつの投書がネット上で賛否両論の声があがっていますので紹介します。

「どうかんがえたら 新幹線の三景」(63歳男性)

暮れの新幹線。相当の混雑なので指定車両に移ってみた。ここも満席だったが、ふと見ると、座席に小さなバスケットが置いてあり中に小犬。隣に若い女性が座っていた。
早速「ここ空いてますか」と尋ねてみた。すると、その女性は、「指定席券を買ってあります」と答えた。
私は虚を突かれた思いがした。
 改めて車内を見渡すと、多くの立っている大人の中、母親の隣で3歳ぐらいの男の子が座っている座席もある。
あれも指定切符を買ってあるのだろう。
 仕方なくいっぱいの自由席に戻ると、ここにも学童前と思われる子が親の隣に座っていた。
懲りもせずにまた「ここ空いてますか」と尋ねると、母親は仕方なさそうに子どもをひざの上に乗せ、席を空けた。私はその座席で居心地の悪さを感じながら、この新幹線の中での三景をどう考えたらいいのか自問した。


fd150109x001
擁護派の意見
・犬用の座席はそもそもとることができないので、一人目がアウト
・老人なんだから席くらい譲ってあげてよ。もっと優しくなろうぜ
・まあ座りたいのは分かる



否定派の意見
・指定席で「ここ空いてますか」はそもそも非常識。タダで指定席に座ろうとしたんだろうか。
・子どもが座っているのに「ここ空いていますか」は子どもを人と見ていないのか
・席を譲られるのが権利だと思っているのが間違い
・結果的に母親に席を空けてもらったのに、不満気に投書する神経がダメ
・混雑する事を見越せず指定券買わなかった自分を省みるけどね普通は



投稿者を否定する声のほうが若干多いのですが、みなさんはどう感じましたでしょうか。

出典:朝日新聞デジタル

fd150109x001s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加