いまの人は使い方を知らない…“災害時の連絡手段として有効な公衆電話”


災害時の備えには備蓄品や避難場所の把握やルートなど…さまざまな事柄がありますが、中でも大きな課題のひとつが「連絡手段」ではないでしょうか。

そんな連絡手段について、「公衆電話」の有効性を訴える警視庁警備部災害対策課のツイートをご紹介します。


いまの子供たちは公衆電話の使い方を知らない子が多いのでは?と呼びかけています。確かにスマートフォンやタブレットなどを巧みに使いこなしますが、公衆電話は使う機会はほとんどないと想像できます。

この投稿に対しては、共感の声もあれば、「そもそも何それ?」「そもそもどこにあるの?」といった声など、使い方以前の声を含めて、さまざまな声が寄せられていました。

(寄せられていた声)

・公衆電話の使い方が分からない…。

・どこに公衆電話があるのかさっぱり分からない。

・それもそうだけど… 公衆電話が無さすぎてまず困る。

・昔は多くの番号を 覚えてたけど、電話番号が出てこないですよね?

・タウンページ配布の時、防災タウンページも一緒にもらえるので、皆さんも近くの公衆電話を確認しとくと便利です。

・コンビニも置いてる所少ないし…。でも、セブンイレブンは今だに置いてるから助かります。

・母はスマホを上手く使えませんが、家族と親しい親戚の携帯番号を全て憶えています。

・東日本大震災の時は、公衆電話でさえダウンしましたからね。

・地震起きるとまず携帯はアウト。東日本大震災の時は、近くの公園にある公衆電話から自宅につながった。


確かに普段から意識していないことが多い!?ためか、公衆電話がどこにあるかがパッと出てこないという方も多いのではないかと思います。

公衆電話の設置されている場所やその使い方など、覚えておいて損はないですね。災害対策のひとつとして、おさえておきたいところです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:ashinari / Twitter@MPD_bousai

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加