日本郵政、正社員にだけ支給されている住居手当を廃止へ…そうじゃないだろとの批判の声


日本郵政グループが、正社員にだけ支給されている住居手当を今年の10月に廃止。この異例とも言える「正社員の待遇を下げることによる格差の是正」に対して、ネットには多くの批判の声が寄せられています。


廃止対象は、原則として転居を伴う転勤のない条件の正社員(約2万人)のうち、住居手当を受け取っている約5千人とのこと。毎月の支給額は借家で最大2万7千円、持ち家は購入から5年間に限り6200~7200円で、廃止で年間最大32万4千円の減収になるといいます。

廃止のきっかけは、日本郵政グループ労働組合の今春闘での要求

今回廃止に至ったきっかけとなったのは、日本郵政グループ労働組合の今春闘での要求です。同グループの社員の約半分は非正社員。非正社員の待遇改善を図る同一労働同一賃金の機運が高まっているとして、正社員のみに認められている扶養手当や住居手当など計5つの手当を非正社員にも支給するように求めたといいます。


この要求に対して会社側は、組合側の考え方に一定の理解を示し「年始勤務手当」については非正社員への支給を認めることに。その一方で「正社員の労働条件は既得権益ではない」とし、一部の正社員を対象に住居手当の廃止を逆に提案します。組合側は反対したそうですが、廃止後も10年間は一部を支給する経過措置を設けることで折り合いをつけたそうです。

(寄せられていた声)

・違う違う、そうじゃないでしょうに。

・同一労働同一賃金なんていうワケのわからない理屈をふりかざすから、こんなことが出てくるんだよ! 正社員と非正規社員の扱いが違うのは当然なんだ。そもそも、就職するときに非正規社員になることを選んだのは誰だよ。

・日本郵政の正社員と非正規合同でストでもなんでもして対抗しないと。そうでなければ、どんどん低い方低い方に基準が合わせられていく世の中になっていきそう。

・これはひどい…下に合わせるのかよ。

・たしかに格差はなくなるけどそうじゃないだろ!是正って悪い点を改めて正すって意味でしょう。さらに悪くしてどうするんだよ。

・逆だな。これを飲んでしまう労働組合って何だろう。

・こうやって同一労働同一賃金の方向へ。非正規が正規に近づくのではなく、正規が非正規に近づいていく。

出典:Twitter(@YahooNewsTopics)


多くの声が寄せられていましたが、そのほとんどが批判の声でした。今回の日本郵政グループの判断が影響し、正社員の待遇を下げることで対応する企業が今後出てくることも懸念されます。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@YahooNewsTopics)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加