この中で1冊だけ”木”で作られた洋書があります。さて、どの本でしょう?


この中で1冊だけ”木”で作られた洋書があります。さて、どの本でしょう?…と聞かれると、真ん中の本だとは一瞬では分からないほど、再現度の高い木彫りの洋書。しかも、木彫りの洋書にはさまざまな加工も施され、一層重厚な趣を醸し出しています。


ハリー・ポッターの雰囲気ですね。未知の世界に吸い込まれそう…


こちらも、ずっと昔から大切にされてきた洋書のようです。



これらの作品を制作されたのは、TwitterユーザーのRéaliser son rêve@WoodArtistHikoさん。彫刻の街山口県宇部市で大胆ながらも繊細な彫刻を施す家具職人で、小物から飾り、大物家具まで、他にも沢山の素敵な木彫りの家具を制作されています。


こちらが、製作途中の様子です。


こうやって、一枚の木からマジックのように新しものが生み出されていくんですね。



他にも、「木」から作られたとは思えないほど、精巧な作りの作品をご紹介します。


アンティークキャンドル


見た目や質感もアンティークで見られるような石膏のキャンドルスタンドのように仕上げられたそう。ロウソクと木の区別がつかないのと、石膏か木なのか見分けがつかないことに、びっくりしてしまいました!



制作過程を見ると納得。ちゃんと木を彫られていました!



絵葉書のように美しいワンシーンですね。



アイアンフェンス


こちらは、アイアンフェンスを木で作ってしまおうと手作りされたもの。陰もうっとりするほど美しいですね。


…とおもったら、先程のアイアンフェンスがタイムトリップして、こんな装飾に!始めにこれをみたら、誰も木だと思わないですよね。



ハンガー


これもまたびっくりすることに、一本の木から掘り出されたハンガーです!



犬小屋!?


装飾品ばかりをご紹介してきましたが、最後にこんなビックな作品も。なんとフルオーダーメイドで製作したワンちゃんのお城です!真ん中の暖炉風な柵が、ワンちゃんのお家になっています。なんてお洒落なんでしょう!


Réaliser son rêve@WoodArtistHikoさんは、ここではご紹介しきれないほどの素敵な作品を制作されています。彫る技術はさながら、センスやアイデアで彫刻の常識を覆されるのがとても面白いと思います!ぜひ、Twitterをチェックしてみてくださいね!

Réaliser son rêve@WoodArtistHiko


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter@WoodArtistHiko

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加