そんなつもりじゃなかったのに…『自衛の為にキレるタイプの人』にはどう接すればいい?


言葉って、ほんのちょっと違うニュアンスで伝わってしまったリ、思ったように伝わりきらなかったりすると、とんでもない結果になってしまうことがありますよね。

今、Twitterではこんな漫画が話題になっています。

そんなつもりじゃなかったのに…

こちらのマンガは、Twitterユーザーのpon×2(@ponpon_2501)さんが投稿した作品。

あなたもこんな経験ありませんか?



あああ…わかる!!!!

といいますか、正直筆者はリンゴを食べてキレてしまった方の立場にも、思わぬところでキレられてショックをうけた方の立場にもなったことがあるので、両方の気持ちが痛いほどわかります…。


思わぬところでキレられてショックをうけた方の立場は、言わずもがなですが、驚きと共にめちゃくちゃ悲しい気持ちになるし、リンゴを食べてキレてしまった方の立場の時は、なんだか攻められてる気がして、いたたまれなくなって「だったら先に言っておいてよ!」と、カッとなってしまうんですよね。超絶反省。。。

こちらの漫画に寄せられた声


なるほど、先に予防線を張っておくという方法ですね。


確かに、“展開を自分好みに先読みする”ことはいい結果をもたらしませんよね…
言いたいことを言い終わるまで待ってくれていたら、どちらも嫌な思いをしなくて済んだわけですし。


そうなんですよね。あと、自分に余裕がない時は特にこうなりがちかも。


なるほど…心にずしっと来る意見です。


ほんと、伝えたいことを伝えたいように伝えられたらいいのに…。

いかがでしたでしょうか?コミュニケーションて、やっぱり難しいですよね。筆者もこれからは、伝えたいことをきちっと伝えられるような努力と、相手の伝えたいことを最後まで聞く努力、それに加えて勘違いしてカッとなってしまった時は、早とちりして怒ってしまったことに対して謝れるような努力をしていきたいなと思いました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@ponpon_2501) / twitter(@mitumame1009) / twitter(@sctb03) / twitter(@Coccyx_KIYOAKI) / twitter(@comumaru) / twitter(@zuna_mochi)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加