元ディズニーのアニメーターの「絵日記」…最愛の妻を失った悲しみを乗り越えるために描いている


最愛の妻を突然失った時の悲しみ… 想像するだけでも耐えられないものです。元ディズニーのアニメーターGary Andrewsさんは、妻のJoyさんを昨年の夏に突然失うことになりました。敗血症だったといいます。

以降、Gary Andrewsさんは、深い悲しみを絵に表現し始めたのです。「いたずら書きのダイアリー」というタイトルの絵日記。そこには、Garyさんをはじめ、残された2人の娘の悲しみが表現されています。


この絵を見るだけで、悲しみが痛いほどに伝わってきます。


姉妹もペットも、みんなで一緒に寝ています。突然お母さんがいなくなった悲しみははかりしれません。


妻のJoyさんが何かを語りかけています。


とある土曜日の様子を描いています。家事もすべてこなしています。



クリスマスプレゼントを選んでいるGaryさん。何を買おうか悩むGaryさんに、Joyさんが後ろからアドバイスをしています。


妻のいない年末…。ソファも広々としていて悲しみがつのります。


最初は敗血症ではなく、インフルエンザだと思っていたそうです。Garyさんは、体調に疑いがある場合は敗血症の有無の確認をすすめています。


妻を亡くして5ヶ月。これからも絵日記を通じて、GaryさんのJoyさんへの愛は続いていきます。絵日記こそが、Garyさん、そして家族にとっての支えなのです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@GaryScribbler)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加