最高にクール!バケツや鍋で奏でるドラマーの演奏がすごかった!


路上に並べられたバケツや鍋などの日用品の数々…。これから何が始まるのかと思いきや、なんとこれらを叩き始め、思いがけないほど多彩で美しい音色が聴こえてきたのです!

そんな日用品を使ったドラム演奏を撮影しTwitterに投稿したしま うま(@XkazucchiX)さんは、京都四条で偶然このストリートパフォーマンスに出会ったそうで、なんと6万を超える「いいね」が付くほど話題になっています!

▼ その動画がこちら


スティックで叩く他に、地面にこする音や、高い音、低い音。日常の道具でこんなにいろんな音が奏でられるなんて、なんだか不思議に思えてしまいますね!

そして演奏しているこの人は一体何者!?と思った方も多いのではないでしょうか。

こちら「プロバケツドラマー」の大巨人(吉田 匡志)(@bucketdramer)さんは、ドラマーとしてさまざまなライブやCMにも出演しています。Twitterに投稿された演奏は、吉田さんの活動の一環「バケツドラムチャレンジ」の様子だそうです。

そんな素晴らしい演奏を観た人たちからは、このようなコメントが寄せられています。

Amazing!!! 
 
身近な物だけでここまで印象的な音が出せるだなんて…凄いの一言です。 
 
このリズム感、好き! TVで見たアフリカのリズムみたい。 
 
バスドラをバケツで再現してるのが、凄い。普通は右足でやる。ハイハット叩けないから、ビートを鍋の振動で再現とか、凄すぎ。 
 
路面までも音楽の一部にしちゃうなんてすごい。観ながら身体リズム取っちゃいました♪ 
 
面白動画かと思ったらスペシャルな演奏でビックリしました。凄いですね!クール!


ちなみに吉田さんは姫路環境開発のCM「廃棄物ドラマー篇」にも出演しています。最後にぜひそのCMをご覧ください!

動画はこちら


いかがでしたか?今回ご紹介したプロバケツドラマーの吉田さんは京都のさまざまな場所でストリートドラムを行っているようです。いつか演奏を生で聴いてみたいですね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@XkazucchiX) / YouTube(姫路環境開発CM「廃棄物ドラマー篇」)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加