ため息が出るほど美しい!紫から白へ…次第に色が変わっていく不思議な花の正体とは?


雨露に濡れる美しい花。キレイだな~とうっとり眺めてしまいますが、よく見ると白い花と紫の花が一つの枝に一緒に咲いています。これは一体何の花でしょう?

その答えは、この美しい花の写真をTwitterに投稿したtsunekawa(@tsunekawa__)さんが教えてくれています。


見慣れない「匂蕃茉莉」という漢字は、ニオイバンマツリと読みます。

4月〜7月にかけて低木に花を咲かせる、甘い香りも特徴的な植物。
色が混在していたのは、紫色から白色へ、花の色が次第に変化していくという特性があるためでした。



咲き始めは濃い紫、次第に薄い紫へと変化して、最後には真っ白に。
それぞれの変化の過程の花が、同じ木に同時に開いているので、まるで多色咲きのように見えるのです。


ニオイバンマツリは木全体に神経毒があり、犬や猫が誤って食べてしまうと危険とのこと。
そうした注意点はあるものの、花屋さんなどでも苗や鉢植を買うことができ、家庭のガーデニングでも育てられる植物です。
うまく育てば、開花期には株を覆うほどの花々が甘い香りを漂わせ、毎日色合いを変える様子が楽しめます。

花言葉の「夢の名」にふさわしく、夢のように神秘的で、どこか幻のような雰囲気のある花「匂蕃茉莉」。ぜひ間近で見てみたいものですね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@tsunekawa__)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加