日本の美しい風景をスーパーハイビジョンで撮影した「Japan in 8K」が息を飲む美しさ


息を飲むほどに美しい… 日本の様々な風景をスーパーハイビジョンで撮影した「Japan in 8K」という動画をご紹介します。

映像制作会社のArmadasが中日本航空と協力し、2017年~2018年にかけて8Kのビデオ撮影を日本全国で行ったそうです。使用機器はRED Weapon 8K、DJI Ronin 2。撮影場所は、東京をはじめ、北海道、函館、豊川、屋久島、静岡など多岐にわたります。

函館の五稜郭。



夜景も鮮やかです。


東京。



現在放送しているテレビ(ハイビジョン)に比べて、画面の光の点(画素)の数が8Kでは16倍となり、高精細でより臨場感がある画質の映像を堪能することができます。



美しい日本の情緒あふれる光景。2Dでも自然な立体感を得られます。

カメラがパンした際に手前の物体は動きが速く、奥の物体は動きが遅い。手前の物体ははっきりと見えて、奥の物体は適度にぼやける。そのような違いが高精細な画面で再現されていることが、立体感につながったと考えられています。






日本の象徴的な光景をとらえた美しい8K映像には思わず見入ってしまい、時間が経つことを忘れてしまうほど。ぜひご覧ください。

動画はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Japan in 8K) / Wikipedia


この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加