ショップ店員が話しかけてくるのには意外な理由があった!あなたはどう思いますか?


アパレル店に入って商品を見ていると、店員さんからかけられる、「何かお探しですか?」の声。「ほっといてくれたらいいのになあ…」と思ったことがある人も、多いのではないでしょうか。

嫌がる人も多いのに、どうして声をかけるの?と不思議に思ってしまいますが、そこには、ある理由があったのです。

その理由を説明したジロウ(@jiro6663)さんのツイートが話題になっています。


なるほど、確かに店側としては、買う気のないお客さんに長居されて困ってしまうこともあるかもしれません!
お客さんが、何か買いたくて来店したのか、ただの暇つぶしなのか探るためにも、一声かけておく必要があるのかもしれませんね。



共感、異論…さまざまな声


このツイートに、接客業経験者からもさまざまな声が集まっています。



一方で、こんな声もあります。



たしかに、買うつもりで見ていたのに、ずっとぴったりくっついてくる店員さんに話しかけられ続けるのが辛くなって、買うのをやめてしまった経験が私もあります…。
まったく買うつもりがなくて長居されるのは困りものでも、買おうか迷っている人まで追い返してしまったら逆効果かも?

とあるアパレル店員さんからはこんな声も。


ジロウさんが話を聞いた店員さんも、「一声かけておいた方がお客さんの目的がはっきりする」という程度の意味で、嫌な思いをさせて追い返そうという意味ではないのかもしれませんね。

いろんなタイプのお客さんがいるので、それぞれのニーズに応えるショップ店員さんは大変でしょう。
客の側でも、店員さんがどんな考えで声をかけてきたのか、想像しながら対応してみたら意外と楽しいかもしれませんね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@jiro6663)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加