“紙兎ロペ”原作者が作った「アリキリ」 サラリーマンのリアルさが絶妙!働き方を考えさせられる


人気アニメ『紙兎ロペ』『野良スコ』原作者と、グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛けるソフトウェア開発会社のサイボウズがコラボ動画を制作。サラリーマンのリアルさが絶妙に描かれており、話題となっています!

作品はワークスタイルアニメ『アリキリ』。「働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。」をテーマとして、いくつかの作品が制作されているのですが、以下は『アリキリ』第1話:残業編です。

登場人物は、井上さん(キリギリス)と後藤さん(アリ)です。駅前で井上さんが待ち合わせをしていて、そこに後藤さんがやってきます。


ふたりの会話は妙にリアル。ビジネスシーンで聞き馴れた会話が展開されます。その後、ふたりは後藤さんの会社の中に入ろうとしますが、会社の入口がふさがれてしまい、入れない状態に…。

心配する井上さんに対して、後藤さんは「みんながいま、中から一生懸命削ってる最中だと思うんで」と言いますが、続けて「あ~今日はプレミアムフライデーか~。リミットが15時なんですよね。みんなテンパってるかもしれないですね」と状況を推測。


その後、ふたりの会話はプレミアムフライデーの会話になります。

プレミアムフライデーの過ごし方について井上さんに聞かれた後藤さんは、「理想は15時に会社を出たら、映画をみて少しお酒を飲んで…」と言いながらも現実は「パソコンの電源入れたまま会社の近くのカフェに行って、そこに会社のみんながいるみたいな」と語ります。会話からは、働き方について改めて考えさせられます。

こんな調子で妙にリアルに描かれている、アリとキリギリスをキャラクターとしたワークスタイルアニメ。ぜひ動画もご覧ください!また、他の作品にも興味がある方は下記サイトをチェックしてみてください!

ワークスタイルアニメ『アリキリ』(創業20周年記念アニメ 特設サイト)

動画はこちら



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(サイボウズ ワークスタイルアニメ『アリキリ』第1話:残業編)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加