天才的!生姜をおろす時にアルミホイルを敷くだけで“あのストレス”を解消…!?


カツオのたたきや冷奴に、たっぷりのおろし生姜を乗せて食べる…ん~、たまりませんよね。

私も生姜は大好きなんですが、生姜をおろしたあとのある問題がネックで、つい敬遠してしまうんです。
そう、あの、『生姜を下した後のおろし器に繊維が入ってしまう問題』が!!!

だって何が嫌って、

●まず、折角すりおろしたのにもったいない
●洗う時に、繊維が取りづらい
●洗う時に、スポンジが痛む
●洗う時に、おろし器で手を傷つけそうで怖い


とまあ挙げたらキリがないじゃないですか!!!

ところがそんな悩みを解決するある方法が見つかったのです。

ストレスとおさらば!生姜をすりおろすときのライフハック

その方法を教えてくれたのは、Twitterユーザーのうみうし(育児中)(@u_mi__u_shi)さん。

では、早速見てみましょう!


えっそれだけで本当に繊維が入り込まないの??
どれどれ…


おろし器にアルミホイルをひいて…


生姜をすりおろすと…


あああ!!!本当だ!!汁は下まで落ちているけど繊維は全然挟まってない!!!
何コレ、最高なんですけど!!!!

いかがでしたでしょうか?これでもう、あのイライラとはおさらばですね!さあ、今年の夏は気兼ねなくカツオのたたきや冷奴、そうめんをたべるぞー!!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@u_mi__u_shi)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加