「通路側」の席を世界一好きなのは日本人という調査結果…その理由とは?


「通路側」の席を世界一好きなのは日本人という調査結果が発表され、その理由に注目が集まっています。

調査を行ったのは、世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン。1年以内に飛行機に乗った、かつ、ホテルに宿泊した、世界23カ国の男女18,229名を対象に、フライトに関する意識の国際比較調査を実施したそうです。


世界で唯一「通路側派」が半数を超えた日本人

機内の座席は「窓側派」か「通路側派」かで好みが分かれますが、日本人は半数以上の53%が「通路側派」と回答。世界で唯一「通路側派」が半数を超えており、世界でもっとも「通路側派」が多い結果となったそうです。

また年代別でみると、18歳から34歳の若い世代は「窓側派(58%)」が多数。35歳から49歳の中間世代はどちらも同率49%。50歳以上のシニア世代は「窓側派」が減少、6割の人が「通路側派」と、席を立ちやすい方を好む結果となっています。


「寝ている人を起こす」ことが世界一苦手な日本人

機内の窓側や真ん中の席に座っている際、どのように通路に出るかを聞いたところ、「寝ている人を起こして動いてもらう(24%) 」と回答した日本人の割合は世界最下位だったとのこと。

通路に出る際、誰にも迷惑をかけずに出られることを無意識のうちに考慮して、「通路側」を選んでいるのかもしれません。ちなみに、日本人の回答で最も割合が多かったのは「寝ている人に背中を向けて乗り越える(38%)」だったそうです。


これも、日本人らしさを顕著に表していますね。皆さんは「窓側派」? それとも「通路側派」ですか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:pixabay / welove.expedia

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加