“夏目漱石の自筆の絵はがき”が約100年ぶりに発見される!漱石の留学時の心情が!?…展示会開催へ


夏目漱石の自筆の絵はがきが約100年ぶりに発見されたことを受け、展示会が開催されることとなりました。

夏目漱石といえば、誰もが知る明治の文豪であり教育者でもありました。『坊ちゃん』『それから』『こころ』『吾輩は猫である』などの作品はあまりにも有名ですね。以前は千円札の肖像でもありました。


5月23日、福井県が発表した絵はがきは、夏目漱石がイギリスに留学している際に2人の友人に送ったという自筆の絵はがき3通です。福井県にある「こども歴史文化館」の学芸員が、福井市の古書店で発見されたそうです。


はがきのうちの1通は、国文学者・芳賀矢一宛て。残りの2通はドイツ文学者・藤代禎輔宛ての内容だったそうです。「僕ハ独リボツチデ淋(さびし)イヨ」などの記述があり、専門家は「(漱石の)留学生活の様子がうかがえる貴重な史料」になると見解を示しています。

約100年ぶりに発見された漱石自筆のはがき3通のほか、ふくいの先人芳賀矢一など明治時代の海外留学生の絵はがき群を速報展示するとのこと。漱石ファンは必見ですね!

展示場所は、こども歴史文化館。展示期間は2018年5月26日(土)~2018年6月24日(日) 9:00~17:00(入場は16:30まで)。約1世紀ぶりに見つかった漱石のはがき… 歴史のロマンを感じますね!

速報展!漱石のはがき~100年ぶりの大発見~(福井県立こども歴史文化館)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:info.pref.fukui

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加