どうして作った!?直径7.4cmの『だんごむし』が発売…細部までこだわって徹底して再現!


細部までこだわって徹底して再現された、直径7.4cmの『だんごむし』が発売されることとなり、話題となっています!

一体どうして作ったんだ!?それもここまで細部まで忠実に再現されたダンゴムシ。ただ、大きさはデカいですが…。そして、カプセルトイなのですが、プラスチック製のカプセルに入っているわけではなく、ダンゴムシが丸まった状態で出てくるようです。

世界初となる、ダンゴムシの1000%スケールモデルのカプセルレス玩具。


販売の際の演出もなかなかユニークですね。丸まった状態でそのまま転がってくるという。


ラインナップは3種類で、スタンダードなだんごむしの他、青と白のだんごむしが用意されているとのこと。


さまざまな文献や図鑑などでダンゴムシの複雑な体の構造を徹底研究しながら試作を重ねたそうです。体を丸めるために、色々な素材を仕様していますね。


同商品は、2018年8月第5週より全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機で発売予定。ダンゴムシ好きは必見ですね!全3色コンプリートしても面白そうです。


動画はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:gashapon

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加