「小学校に入学した日」と「教職実習最後の日」の写真の対比がとても感慨深い!


昔の自分と今の自分の写真を並べてみると、色々な思い出がよみがえり感慨深いものだと思います。

今回、海外掲示板サイトで話題となっていたのは、「小学校に入学した日」と「教職実習最後の日」の写真の対比。いわゆる、勉強を教わる側の自分と勉強を教える側の自分の対比でもあります。そう考えるだけでも、とても感慨深いものですよね。

こちらがその写真。


初めて学校に行った日と同じポーズをとったのですね。表情は小学生の時の面影を感じます。この写真の対比は、ご自身はもちろん、ご両親が見たら色々と感慨深いものがあると思います。

小さな体で大きな鞄を持って学校に通った日々…。そして、成長してたくましくなった現在。


(寄せられていた声)

・この写真を、自分の教え子達に見せると盛り上がりそうだね。

・定年を迎えた時にも同じポーズをしてほしいな。

・ご両親が見たらたまらないだろうね

・表情は昔と一緒だね。これからの教師生活大変だろうけど頑張って。



昔の自分と今の自分を、同じシチュエーションで撮影して見比べてみること。色々な感情が出てくると思いますし、試してみるのも面白そうですね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:reddit / ashinari

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加