道路を横断するナマケモノ…危ないので皆で見守っていたら最後に手を振ってくれた!


道路を横断中だったというナマケモノ。車が来たりすると危ないので皆で見守っていると、なんと最後に手を振ってくれたのです。そんな決定的瞬間をおさめた動画をご紹介します!

コスタリカで撮影されたという映像。ナマケモノが道路をゆっくりと横切っており、多くの人がその様子を見守っています。


ゆっくり、ゆっくりと進んでいきます。


しかし、目の前には塀があり少々高さがあります。


なんとか頑張ってのぼろうと試みるも、この状態でフリーズ!?もはや為す術がないのか?と思った次の瞬間でした…。


見守っていたうちの一人がナマケモノの脇をもって持ち上げてくれたのです。


無事に森へと帰っていけると分かったナマケモノ。こちらが「じゃあね~」と手を振ると、なんと、こちらを向いて手を上げたのです!


見守ってくれていた人たち、そして体を持ち上げてくれた人への感謝の表現でしょうか!?いずれにせよ、「ありがとう」と言わんばかりに手をふってくれているように見えます。とても微笑ましいシーンですね!


動画はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Sloth Rescue Has Unexpected Ending)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加