フェルメールの絵画作品『牛乳を注ぐ女』を彷彿とさせる『油を注ぐ力士』…「なんか似ている」と話題に!


フェルメールの絵画作品『牛乳を注ぐ女』を彷彿とさせる『油を注ぐ力士』が、「なんか似ている」「似てないけど似てる」と話題になっているのでご紹介します!

フェルメールとは、オランダ黄金時代の画家。作品「牛乳を注ぐ女」は1657年に描かれたものだとされています。アムステルダム国立美術館が所蔵しているそうで、同美術館でも最も魅力的な作品のひとつだと言われています。こちらがその作品。


そして、今回反響を呼んでいるツイートがこちら。投稿されたのは、伊勢ノ海部屋に所属する力士、頂 仙之助(いただき せんのすけ)さんです。


いかがでしょうか?入れているものも牛乳と油で違いますし、女性と力士という違いなど色々と違う点はあるのですが、どことなく雰囲気が似ていますよね!?「牛乳を注ぐ女」に対抗して、「油を注ぐ力士」としている点もユニークですね!

(寄せられていた声)

・青春の一コマを感じさせる名画ですね!(笑)フェルメールかどうかは鑑定が必要です(爆)

・またの名を「青い腰巻きタオルの力士」。

・そう言われると名画に見えてくるから不思議。

・フェルメール大好きだからウケた。火に油を注ぐ!?にならないように気をつけて!

・給食で見てきた「船を漕ぐ」ような大シャモジを使って料理をしそうだ。



確かに「油を注ぐ力士」というタイトルが付いていると、名画に見えてくるから不思議ですね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@hsBgR7QJL7eI1Cc) / wikipedia

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加