「高速道路に子猫がいる!」通報を受けて現場に向かった動物救助団体の救出シーン


「高速道路に子猫が迷い込んでいる!」

そのような通報を受け、現場に向かったのは動物救助団体「Hope For Paws」。


しばらく走っていると、左側に子猫が!?


小さな子猫。このスピードで探していてもなかなか見つけるのは難しいです。気づくのが遅れて一度は通り過ぎてしまいます…。


再び猫のいる所へ向かうと… いましたっ!!


動物救助団体のスタッフは車を停めて救出に向かいます。


事に気づいたのか、他の車も一斉に停車し始めます。


その隙に、スタッフが道路を横断し、子猫を救出!!




高速道路に迷い込んでいたのは、男の子の子猫。目の感染症を患っていて、とても痩せていたそうです。なぜ、高速道路に迷いこんでしまっていたのか…。




ナポレオンと名付けられた子猫。今では随分と体力も回復し、友達もできました。


本当に助かって良かったですね。通報された方、救助に向かった動物救助団体のスタッフに感謝ですね!

動画はこちら



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(WHY??? Why would anyone throw a kitten on the freeway??? Please share.)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加