4ヶ月かけて作ったジオラマ作品「友達の部屋」のクオリティがハンパない!「ここに住みたい」の声も


4ヶ月かけて作ったというジオラマ作品「友達の部屋」。その凄まじいクオリティが反響を呼んでいるのでご紹介します!

製作されたのは、ミニチュアアニメーターでありTwitterユーザーのMozu(@rokubunnnoichi)さん。こちらが話題となっているツイートです。



パッと見てすぐ分かる通り、めちゃめちゃ細かいです!壁に貼ってあるポスターといい、机の上の文具といい、さらには本にもそれぞれタイトルが書かれていますね。

また、壁に付箋が貼ってあるのですが、「しめきり3/9」と書かれていてジワジワきます。


ミニチュアであることの証明。怪奇現象であるかのように、指が見えますね。


電気をデスクスタンドだけにすると、こんな雰囲気に。現実にありそうなお部屋ですよね。



こちらも凄いクオリティですね。エアコンの内部までしっかりと再現されています。




引き出しに貼ってあるシールやガムテープなど芸が細かくて素敵です。


見ているだけで、とてもワクワクするお部屋ですね!思わずじ~っと見入ってしまいます。


(寄せられていた声)

・とても細かくてびっくりしました!!あと優勝が帰宅部っていうのが…(笑) 

・細かく丁寧な作品で本当にジオラマなのか錯覚しました。 

・神ってる… ドラえもんのスモールライトあったら絶対ここに住みたい。 

・なんという完成度!素晴らしい。これからも頑張って良い作品作って下さい! 

・4ヶ月でここまで作れるってすごいですね!



ユーザーの声にもある表彰状に関してもツイートされています。



表に書かれている「委員長 早区 帰留」にもジワジワきますね…。


そして裏にはへそくりでしょうか?えっ、百万円札!?


本当にありそうなお部屋ですし、住んでみたいと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。Mozuさんのその他の作品や作り方について興味のある方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@rokubunnnoichi)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加