「成功体験は人の目を曇らせる」…番組で熱弁した林先生の言葉に反響…共感の声など様々な反応


「成功体験は人の目を曇らせる」

TBS系列で放送されている「林先生が驚く初耳学!」で、林修先生が熱弁をふるいました。それに対して、ネット上には共感の声をはじめ、様々な声が寄せられるなど話題となっています。

番組の中で、「文化祭や体育祭で、生徒を満足させるためにはどうすればいいですか?」という質問があり、それに対して林先生はこう言います。

“自分が文化祭で得たものを生徒にも伝えたい”というのは危険な考え方だと思っています。自分の時はこうだったから子供達もこうだろう ではなくて、自分はこうだったけど子供たちもそうなのかな? と考えるべきです」

さらに、「部活などの学校行事の体験を未来へと活かしていく子供もいると思いますが、『自分がこうだった』という感動の再生産を図るのは押しつけになる可能性もあって、成功体験が人の目を曇らせる」と続けました。



(寄せられていた声)

・林先生が言ってた「成功体験が人の目を曇らせる」というのはその通りだと思った。教師のビリーフなんて、まさにそうだな。

・自分の子どもに向き合うときには気をつけなければ!!

・自分の親は成功体験ではなく、自分たちがどれだけ自分が苦労したかとか辛かったけど耐えれたからそれぐらい耐えられるだろ?てか、耐えてよってタイプなんだけど なんか林先生の成功体験うんたらの話と近いものを感じる。


一方で、このような声も寄せられていました。

・林先生の「成功体験が一番目を曇らせる」ってやつなぁ…。 林先生はこういうこと言いたいんじゃないと思うけど、実例をもとにまず実践という姿勢を学ばせる上では重要なことだと思うから一概にダメとは言えないと思うのじゃ。先人の成功の知恵あっての今があるのを忘れちゃならない。

・「自分の成功体験を伝えるのは危険」は言い過ぎだな。『成功体験を伝える事が万能な教育とは限らない』ならまぁ分かる。そもそも学問の基礎は過去の人間たちの成功体験に基づいているものだから。林先生、熱くなり過ぎてちょいと早まったな。

・まさしくそうだと私も思うのだけど、これは「あなたの成功の価値」を否定してる発言ではないんだけどね。



成功体験の共有には良いこともあるし、そうではない結果を招くこともあるかと思います。時代や個々により異なる価値観に対して、より柔軟に対応していくことが大切だとも思います。様々な声が寄せられていましたが、皆さんはどう思われますか?


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:ashinari / Twitter(林先生 成功体験)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加