「彼を助けたい!」往復12時間32キロを歩いて毎日通勤している男性に全米で寄付が集まる!

アメリカにデトロイトに住む男性ジェームズ・ロバートソンさん(56)が話題になっています!
3174054_1422799216.5002r 出典:Go Fund Me

毎日の通勤で約32キロもの距離を歩くことを余儀なくされている工場従業員に対する募金活動に、全米から22万6000ドル超(約2700万円)の寄付金が集まっている。
デトロイト近郊ロチェスター・ヒルズの工場に勤めるジェームズ・ロバートソンさん(56)は毎日デトロイト市内の自宅から通勤でバスを利用しているが、勤務先まで行くバスは通っておらず、往復32キロの徒歩を強いられている。
午後2時から10時までのシフト勤務のため、午前8時に家を出て帰宅するのは翌朝の午前4時になるという。
ロバートソンさんは車が故障して以来このバスと徒歩の通勤を過去10年間無欠勤で行っている。時給10.55ドルでは車を買い替えることができない状況という。

出典:ロイター

なんと32キロの道のりを每日12時間かけて通勤しているとは!しかも週5で10年間ですから、これまでの通勤時間を計算すると、12時間 × 週5 × 1年52週 × 10年 = 3万1,200時間

1300日となり、約3年半をすべて通勤していたことになりますね。


ロバートソンさんが実際に通勤していた様子はこちらからご覧ください。

<動画はこちら>

出典:YouTube

10年間この通勤を週5日休みなしで続けていたとは驚きです!寄付金により彼の通勤環境が改善されると良いですね。

出典:ロイター

3174054_1422799216.5002r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加