「俺のタトゥーを見ろ!」イブラヒモビッチが警告覚悟で飢餓問題を世界に訴える

ダウンロードr パリ・サンジェルマンFCのFWでスウェーデン代表のイブラヒモビッチ選手が14日の国内リーグで得点後に上半身のタトゥーを披露し、警告処分を受けました。しかし、このタトゥーには深い理由があったのです!

実は、イブラヒモビッチ選手のタトゥーには、アフリカや中東、アジアなどで飢餓に苦しむ実在の子どもたち50人の名前が書かれており、国連WFP(世界食糧計画)の活動を支援するため、飢餓問題を世界中の人々へ関心を促すパフォーマンスなのです。

イブラヒモビッチ選手はこう語ります。

「どこに行っても大勢の人が僕の名前を呼び、応援してくれる。僕には世界中にサポーターがいる。でも、飢えに苦しむ人は世界で8億500万人もいるのに、誰も彼らの名前を呼び応援することがない。今日からは、僕への応援が、飢餓とたたかう彼、彼女たちにも届くようにしたいんだ。」

出典:WFP


<動画はこちら>


鍛えられた肉体には50人の飢餓に苦しむ子どもたちの名前が
fd300051r
スウェーデン国籍の彼ですが、実は「旧ユーゴスラビア」からの移民なのです。そのことも今回の行動に影響を与えたのだと思います。
fd300052r fd300053r
イブラヒモビッチ選手に描かれたタトゥーは一時的なペインティングらしいのですが、試合中でのパフォーマンスに警告処分を受けることを分かっていながら、信念のために行った行動は確かな強い意志を感じます!

出典:YouTube
出典:WFP

fd300052(1)r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加