「なればいいのよ。」エマ・ワトソンがファンに贈った心に響く8つのことば

fd150217q001h 映画ハリーポッターシリーズのハーマイオニー役で有名なエマ・ワトソンですが、ファンの質問にシンプルな回答で答えていると話題になっています!

子役から有名であったエマ・ワトソンはアメリカの名門ブラウン大学を卒業し、最近では女性の地位向上を目指す国連の組織UNウィメンの親善大使を務めウルグアイの議会で行ったスピーチでも話題となっています。

そんなエマ・ワトソンさんがTwitter上で女性ファンからの質問に対してとても誠実に応えています。その中からいくつかを紹介します。


エンジニアになりたいけど父がエンジニアは男の仕事だから無理だと言うの

この質問に対してのエマの答えは超シンプル!

「エンジニアになればいいのよ。」
シンプルながらも背中を押してくれる心強い言葉です。



フェミニスト運動をしている女性にアドバイスを!

エマは女性地位向上についての活動を積極的に行っています。

「一晩で変化が起こることは期待しないで!変化は目に見えなくてもあなたが思っている以上に影響を与えているのだから」
自身の経験からの言葉であり説得力があります



平等を求め戦うときに一番大切な武器は何?

「信念よ」



「HeForShe」は男女平等にどんな意味があるか教えて

「HeForShe」とはエマワトソンが中心となり、男女平等を実現するための運動

「問題が存在するという認識を広めるためよ」



女は仕事より結婚して母になるべきと考える両親と全てのティーン達にアドバイスを

「両方すればいいじゃない」
確かに。母は仕事で成功できないなんてことはないですからね



内在化した性差別に対して何をすべきか

「まず知ることね!」
知ることで初めて問題を解決するスタートラインに立てる



性的な差別に苦しむ人が、どうすればいいのか教えてください

「あきらめないで!」
彼女だからこそ本当に苦しむ人に勇気を与えている


軍の最前線の兵士の女性をどう思いますか?

「仕事がなんであれ、できる能力があるならやるべきよ!」
確かに、ハーマイオニーは彼女じゃなきゃできなかったでしょう!


シンプルなメッセージではありますが、彼女の言葉だからこそ多くの人の心に響いています。

anigif_optimized-26578-1422448808-1 本当に素敵な人ですね!!

出典:MIC
出典:Twitter

fd150217q001s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加