サンドイッチマン「いつも東北を気に掛けて頂きましてありがとうございます。」東北魂義援金をこれからも子供たちのために

fd150311q002h 宮城県出身のお笑いコンビ、サンドイッチマンは2011年3月11日に地元ローカルテレビ番組を収録中に東日本大震災に遭遇しました。その後すぐに彼ら自身で開設した「東北魂義援金」も今年で4年。

伊達みきおさんのブログで3.11の前日である2014年3月10日に、宮城県庁で三浦副知事へ「東北魂義援金」を渡したことを報告していました。
fd150311q001r 出典:サンドウィッチマン 伊達みきおオフィシャルブログ「もういいぜ!」

岩手県・宮城県・福島県の3県に順番で我々が届けている『東北魂義援金』は、震災遺児・孤児となってしまった子供達の為に使われます。 宮城県だけでも、1000人を超える子供達がその対象です。

両親が亡くなった、または行方不明となっている子供達(孤児)が136人います。もし自分だったらって思うだけで混乱してしまいます。


これまでサンドイッチマンは東北魂義援金を多くの人から預かり「宮城・福島・岩手の震災孤児・遺児支援の為に」約3億8千万円以上を各地へ届けています。地元のため、被災者のため、子供のために義援金の支援だけでなく、3.11を風化させないための活動を継続的に行っているサンドイッチマン。

ブログには「いつも東北を気に掛けて頂きましてありがとうございます。」との言葉で閉めていました。

サンドウィッチマン 伊達みきおオフィシャルブログ「もういいぜ!」
サンドイッチマン事務所オフィシャル「東北魂義援金に関して」

fd150311q002
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加