「生まれてきてくれてありがとう」3.11その日、被災地で生まれた新たな命がある

fd003171 2011年3月11日、未曾有の大震災で多くの命が失われたその日、同じ被災地で生まれた新たな生命。子どもたちの未来のために私たちができること、そんなことを考えさせられます。

2011年3月11日 失われたもの だけじゃない

家族が病院に向かうその時、津波がきた。
fd003167
浸水する病院で、毛布につつんだ。
fd003168
寒い病室に、余震が何度も襲ってきた。
fd003169
助産師さんがおおいかぶさって、守ってくれた。
fd003170
名前は、ペンで、足の裏に書いた。
fd003172
生まれた時刻は、みんなで覚えた。
fd003177
産声に、拍手がわいた。
fd003179
これからを生きる君たちに、何を贈れるだろう

あの日生まれてきた子は今年で4歳になります。強くたくましく成長していることを望みます。

<動画はこちら>


出典:YouTube

fd003180s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加