試合に出れずに終わった野球少年。応援する家族の想いに決断したこととは

fd300098r家族の夢」という題名の付けられたこのWEBムービー。
パナソニックのカーナビ「ストラーダ美優NAVI」のCMの一環として作られたものなのですが、子供を持つ親の立場で見た時に思わず涙が流れてしまうひとつの作品となっています。

<動画はこちら>



野球少年とそれを見守る家族の物語。この少年が主人公の「翔太」
彼は野球をやっているのですが、まだ一度もレギュラーになったことがないのです。
fd300088r
そして、そんな彼を支え、応援する家族
fd300089r fd300093r
息子が野球をやるきっかけを作ったのは両親でした。
fd300090r
しかし、全くレギュラーになれない息子を見て、自分たちの応援が逆に息子のプレッシャーになってしまってるのではないか?と考え始めます。
fd300098r
もう、野球をやめさせた方がいいのかもしれない。そんな考えも浮かびます。
fd300094r
そんな、両親をよそに翔太は補欠だった試合の後も自宅で素振りをしています。
fd300095r
そして、小学校生活最後の試合が近づく中、練習で翔太のバッティングが良くなってきます!
レギュラーへの期待も高まります。
fd300096r
そして、最後の試合のレギュラー発表!
fd300097r
翔太の名前は呼ばれません。
fd300098r
その試合の帰り、家に着くと急に翔太が両親にお礼を伝えます。
「今まで毎週送り迎え・お弁当ありがとう。」
fd300099r
続けて、「中学でも野球続けていいかな?」
fd300100r
この言葉に翔太の成長を感じた両親!嬉しくなり笑みがこぼれます。
fd300101r
父から「当たり前だろ」の言葉。
fd300102r
知らぬ間に息子は成長していました。
fd300104r
6分間と少し長めの動画ですが、ぜひご覧下さい。
<動画はこちら>
出典:YouTube

fd003191s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加