絶滅したと思われた“ドードー鳥”が350年ぶりに発見された貴重映像

fd003193 コスタリカから生物学的にビッグニュースが届きました!

マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類“ドードー鳥”が350年ぶりに発見されたとして大きな話題を呼んでいます。

fd003193a 出典:Wikipedia ドードー

ドードー鳥は、シチメンチョウよりも大きな巨体と言われていることから約1Mほどだと思われます。また翼は退化して飛ぶことはできなかったといいます。このトードー鳥はモーリシャス島に生息していたのですが、西洋人が現地へ訪れてから、警戒心が薄く動きが鈍かったことから乱獲が進み、また持ち込まれた犬や豚、ネズミにより雛や卵が捕食され1681年に絶滅されたと言われています。

今回、撮影されたドードー鳥

今回、南米のコスタリカでジャングルに設置されたカメラが捉えたドードー鳥と思われる生物
fd003193b
<動画はこちら>

イグアナの生態を調査するために撮影された固定カメラに偶然映ったドードー鳥と思われる生物ですが、今後さらに現地の調査を行い生息を調べるそうです。350年前に人間により絶滅となってしまったものだけに何とか生き残っていたという結果を信じてみたいと思います。

出典:YouTube


※続報
多くの人を注目させたこの映像、ブラジルのNGOが制作した啓発映像だったことが判明しました。残念でしたが、絶滅した原因が人間によるものであることを改めて考えさせる機会になりました。

<動画はこちら>
出典:YouTube

あなたにおすすめの記事

427191_heroas
悪童っぷり健在!マラドーナが自身を侮辱したAFA会長へ“愚か者”と批判
fd150325w001s
もふもふカワイイ!絶滅危惧種イリナキウサギが20年ぶりに中国で発見される
main
【動画】なぜ、こうなる!? 7匹のドーベルマンの子犬が回転しながらご飯を食べる!

今日話題の記事!