犬は「びよびよ」猫は「ねうねう」…時代によって動物の鳴き声の表現が違った!?

PPW_uturogenashibaken-thumb-1000xauto-13173_R
犬の鳴き声と言えば「わんわん」。猫の鳴き声と言えば「にゃんにゃん」などが一般的ですよね。ところが、時代によって動物の鳴き声の表現の仕方が違っていたようです。



●犬「わんわん」→「ひよ」「びよ」「びよびよ」
平安時代の文献「大鏡」には「ひよ」と表記されているようです(当時は濁音と清音を明確に区別する習慣がなく、全て清音で記載)。江戸時代の初期には「びよ」「びよびよ」などと表記。その後、江戸時代の途中から「わんわん」に。

●猫「にゃんにゃん」→「ねうねう」
鎌倉時代までは「ねうねう」と表記されていたようです。
HIRA85_oteirecyuunikocchimiru500-thumb-1000xauto-5218_R
●すずめ「ちゅんちゅん」→「しうしう」「ちうちう」
室町時代頃までは「しうしう」と表記されていたようです。江戸時代頃から「ちうちう」に。
ppp_ikirtatusuzume-thumb-1000xauto-12905_R
●猿「きゃっきゃっ」→「ここ」
奈良時代には「ここ」と表記されていたようです。室町時代以降、「きゃっきゃっ」に。
C778_happawomusirusaru500-thumb-autox1000-2370_R_R(1)

その他

●ねずみ
室町時代までは「しうしう」、江戸時代になると「ちうちう」「ちいちい」に。
●カラス
奈良時代には「ころ」「から」「ころく」、鎌倉・室町時代には「こかこか」。江戸時代には「かあかあ」に。

犬は江戸時代途中から鎖をつけて人に飼われるようになり、猿は室町時代以降に飼われるようになったとされています。ちょうどその頃から鳴き声の表記が変わっていることからも、ペットとして飼うこと(ご主人に懐いたり?)による影響もあったのでしょうか(そういう説もあるようです)。

単にその時代の言葉の表記の違いと言えばそれまでですが、人間と動物との関係の変化によって鳴き声も変化したのか、まさか動物の鳴き声自体が時代によって変化したのか…などと考えると奥が深いですね!

出典: TimeLine

PPW_uturogenashibaken-thumb-1000xauto-13173_R
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加