【感動】事故で左手、左目を失ったモデル“ローレン・スクラッグス”へのプロポーズがグッときた

2011年12月に不運の事故により、左手と左目失ってしまったモデルの“ローレン・スクラッグス”さん。事故から2年半後、このほど交際していた男性からプロポーズを受け婚約していたことが分かり、そのプロポーズが大変いい話でしたので紹介します。

fd0609c00001

衝撃の事故

“ローレン・スクラッグス”さん。2011年12月に、降りたばかりの飛行機のプロペラに当たるという凄惨な事故に遭ってしまいモデルとしての将来を期待されていたローレンさんは、この事故で左目と左手を失い「人生は終わり。もう誰にも愛されない」と将来を悲観したらしいです。しかし、家族や周りの友人、医師の支えによりこの衝撃と悲しみを克服し、心身ともに傷が癒えてきたと言います。

fd0609c00002

立ち向かう前向きな気持ちで怪我を克服

悲劇のモデルとして話題になっていたローレンさんだが、前向きな不屈の精神力でトレーニングを続ける姿に多くの人々が感動していました。

fd0609c00003
fd0609c00004

ジェイソンとの出会い

そんな中2013年10月に、ニュース番組のアンカーとして活躍するジェイソン・ケネディさんがローレンさんを「素晴らしい女性」と語り、ふたりはお付き合いすることに。ジェイソンさんはハンサムでジャーナリストとしての仕事ぶりも評価されているイケメン。
jason-kennedy

そして、プロポーズ

ジェイソンさんはプロポーズをTwitterで明かしています。
I flew to Dallas and asked her if she would spend the rest of her life with me. I love you
(ダラスに行って、残る人生を僕と過ごしてくれるか尋ねたんだ。君を愛しているよ。)

fd0609c00006
fd0609c00007

今後はふたりで


fd0609c00005
プロポーズでジェイソンさんからもらった婚約指輪をしているローレンさん。

悲惨な事故から、自分の運命と立ち向かい前向きに生きていくことで素敵な人生のパートナーと出会うことができ幸せを掴んだ彼女。素敵な笑顔のふたりを見ると幸せな気持ちになりますね。今後も幸せな暮らしを送って欲しいです。


fd0609c00009s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加