南アフリカで”感染症を70%減少”させた「希望の石けん」とは?

WS00000
南アフリカ共和国のケープタウンにあるスラム街。衛生環境が悪く、下痢や肺炎、コレラなどの感染症で毎年多くの方々が亡くなっています。ただ、感染症の多くは「石けんで手を洗うこと」で予防できるそうです。そこで生まれたのが「希望の石けん(Hope Soap)」。なんと、感染症を70%減少することに成功しているそうです。



希望の石けんとは

では、一体どんな石けんなのでしょうか?

WS000004_R WS00000 石けんを見ると、中にオモチャ(ハローキティ、ミニカーなど)が入っていることが分かります。


子どもたちは中に入っているオモチャが欲しいがために、頑張って手を洗います。
WS000009_R WS000006_R
オモチャがとれました。
WS000010_R
これなら、子どもたちの石けんをつけての手洗いが必然的に習慣化されそうですよね!


希望の石けん(Hope Soap)」は、WHOにより配布されているそうです。
WS000007_R WS000001_R

感染症という生命に関わる大きな問題を、子どもたちに楽しさや喜びを感じてもらいながら解決する素晴らしいアイデアだと思います。


<動画はこちら>

出典:YouTube

WS00000
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加