“ナスカの地上絵をモチーフにした蚊取り線香?”に話題沸騰中!

CHyf439UsAAa0gW
紀元前2世紀から8世紀頃に栄えたナスカ文化の人々が描いたとされている「ナスカの地上絵」。その地上絵をモチーフにした、蚊取り線香のような作品がTwitterで話題となっています。


作品のタイトルは「ナスカの夏、ペルーの夏」

ナスカの地上絵が、南米ペルー南部のナスカ川とインへニヨ川に囲まれた高原の砂漠地帯に描かれていることからか、ペルーを表記。 籠谷シェーンさん(@kago2touhey)
の作品です。


出典:Twitter

それにしても、ナスカの地上絵と蚊取り線香をつなげる発想が素晴らしいですよね!


ちなみに、実際のナスカの地上絵です。こちらはハチドリ。
Nazca_colibri_R こちらがサルです。
Nazca_monkey_R 出典:ja.wikipedia.org

ハチドリやサルの他にも、クモや魚、人間といった様々な巨大な絵が描かれており、上空からでないと何が描いてあるかが分かりません。1939年に発見以来、研究が続けられているということですが、「なぜ描かれたのか?」に関する定説はないとされています。


ちなみに、この「ナスカの夏、ペルーの夏」は商品化はされていません。ただ、これだけの完成度…ついつい商品化を期待してしまいますね!

出典:Twitter
出典:ja.wikipedia.org

CHyf439UsAAa0gW
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加