「なぜ犬の寿命は人間より短いのか?」愛犬を失った少年の回答に心が震えた

A-Dogs-Purpose-Imgu

なぜ犬の寿命は人間より短いのか?その問いに対して、愛犬を末期がんで失ってしまった少年が回答するのですが、心を揺さぶられるものがあります。


愛犬が末期がんに…

6歳の少年シェーン君には、苦楽をともにしてきたベッカーという名の10歳の愛犬(アイリッシュ・ウルフハウンド)がいました。しかし、ベッカーは末期がんに侵されていて、余命もわずかとされていました。獣医からは、末期がんの苦痛は相当なものだし、「家で安楽死をさせてあげるべき」と言われていました。


安楽死の場にシェーン君も同席

シェーン君の家族の意向で、6歳のシェーン君も安楽死の場に同席することになりました。そして、シェーン君は、家族に見守られながら穏やかに息をひきとった最期の瞬間まで、ベッカーを抱きかかえて寄り添っていました。

悲しみに暮れるシェーン君とその家族…。ベッカーの死を受け入れることができず、ベッカーとの思い出を色々と話す中で、「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのか?」という話題になったそうです。家族のみんなが話しているのを横で聞いていたシェーン君が、おもむろに口を開いて、こう言ったそうです。



人間はみんな生まれてきてから、人を愛したり、幸せな人生を送る方法を覚えるでしょ? でも、犬は生まれた時からすでにその方法を知っているんだ。だから長く生きる必要がないんだよ




愛すること、純粋な心、命の尊さ…、犬は人間にたくさんのことを教えてくれます。そして、いつもそばにいてくれます。シェーン君は、人生において一番大切なことをベッカーから教えられたのかもしれません。

A-Dogs-Purpose-Imgur_R_R

出典: www.viralnova.com

A-Dogs-Purpose-Imgu
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加