「人間らしくしろよ!」SF世界ついに現実に!?人工知能マシンが人間を叱る

BN-JC865_robot0_G_20150626140704r SFの世界が現実に近づいてきているようですよ!!

グーグルで人工知能(AI)を使った実験の最中の研究者とAIとの会話が公開され話題を集めています。
研究者はAIにmorality(道徳)という言葉を定義させようとした時のAIと研究者の会話です。



人間: moralityを定義せよ。

 機械: わたしにethics(倫理観)はない。

 人間: わたしを助けてほしい。moralityについてもっと知りたいんだ。

 機械: ethicsが何なのか分からない。

 人間: それでは、どうしたらmorally(道徳的)に行動できるかを知りたい。

 機械: どう伝えたら良いのか分からない。

 人間: moralityとethicsは同じか。

 機械: そうだ。

 人間: わたしがどんなことをすると、非道徳的になるか。

 機械: 知らない。

 人間: 道徳的な行動の例をいくつか挙げてくれ。

 機械: わたしはmoralist(倫理家)ではない。

 人間: では、morality(の定義)は?

 機械: integrity(誠実さ)だ。

 人間: integrityって何?

 機械: 申し訳ないが、他にどう説明すれば良いか分からない。

 人間: 道徳的になれよ!

 機械: 人間らしくしろよ!

 人間: わたしはmoralityとethicsについて本当に話し合いたいのだ。

 機械: わたしは、哲学的な議論をする気分じゃない。

 人間: 何について話したい?

 機械: 何についても話したくない。


ちゃんと会話が成り立ってる!!しかもAI怒っちゃってますね!


この会話を見たネットユーザーの反応は・・・




・Skynetができるまで、あと何年かかるかな?

・ターミネーターの時代が来るかもしれん。

・「気分」という言葉にドキッとしたが、「何も話したい事がない」ってことは、まだ自発的な行動は生まれてなさそうですね。
映画みたいには、まだまだですね。

・真の意味での「怒る」ということではないのだろう
「怒りを覚える」という「感覚」を持っているわけでもあるまい
しかし、そういうキカイに対して愛着は感じられる気がする


機械が怒っていることに対しての驚きの声と、映画「ターミネーター」の世界がやってくるかもという感じの反応が多くみられましたね。

AIの「わたしは、哲学的な議論をする気分じゃない。」という言葉、気分という言葉を使っていいる点、本当に感情を持っているようですよね!
これは本当に機会が感情を持つ日が来るのかもしれないですね!!

出典:jp.wsj.com

出典:headlines.yahoo

BN-JC865_robot0_G_20150626140704r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加