「こんな形で会いたくなかった…」中学校の同級生が判事と被告人となって再会

fd300014r 意外な再会の仕方をしてしまった元中学の同級生のドラマが世界的に話題になっています。

このドラマの舞台となったのは米フロリダ州の法廷でした、被告人は強盗・窃盗の罪に問われているアーサー・ブース被告、彼を裁く裁判官はミンディー・グレンザー裁判官この二人は実、中学の同級生だったのです!!

被告人のブース被告は、最後まで裁判官が同級生だという事には気付かなかったようです。

同級生だった事が発覚!

判決の最後に、急にグレンザー裁判官が被告人に問いかけました。
裁判官「ノーチラス中学出身ですよね?
fd300015r そういわれた瞬間、被告人は少し笑みを浮かべます。すぐに当時のことを思い出したのでしょう!被告人は驚いたようで、「信じられない!」と何度も連呼します。


裁判官は被告に対してこう続けました。
裁判官「ここで会うとは残念です。今頃どうしているかと思っていました
fd300016r この言葉を聞くと被告は泣き崩れてしまいます。

最後に裁判官は被告に対して
「幸運を祈っています」
と声を掛けました。


優秀だった中学時代

fd300017r このブース被告は中学時代は、スポーツ万能で学業も優秀!友達のも多く学校の人気者だったそうです。そんな彼だったからこそ、裁判官の言葉に中学時代の思い出がフラッシュバックし、後悔から泣き崩れたのでしょう。

この時の後悔の気持ちから、この被告はきっと更生することでしょう。
<動画はこちら>


それにしても、こんな数奇な再会の仕方もあるのですね。

被告人の今後の更生を祈っています。

出典:YouTube


fd300014(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加