【7月31日】3年~5年に1度の”ブルームーン”を見ると幸せが訪れる!?

friday-s-blue-moon-is-the-last-until-2015-video 出典:mashable.com

3年~5年に1度だけ訪れる”ブルームーン”という天体現象をご存じですか?(見ると幸せが訪れるという言い伝えもあるそうです)

ブルームーンと聞くと「青い月」を想像されるかもしれませんが、「青い月」のことではありません。「ひと月に満月が2回巡ってくること」をブルームーンと呼んでいるそうです。


月が本当に青く見える場合も…

ごく稀に、火山の噴火や隕石から発生するガス、塵などの影響により、本当に青く見えたこともあったそうです。1883年のインドネシアのクラカタウ火山の噴火後は、しばらくの間、月が青く見えていたそうです。

bluemoon ※こちらの写真は、あくまで参考イメージです。


なぜ、ブルームーンは起こる?

月の満ち欠けは平均29.5日を周期として繰り返されています。現在、世界的に用いられているグレゴリオ暦の1暦月の長さは平均30.4日(2月を除けば30日か31日)であるため、月の初めが満月になると、その月の終わりに再び満月が巡ってくる場合があります。

(2015年~2020年のブルームーンは以下の通りです)
●2015年07月02日・31日
●2018年01月02日・31日
●2018年03月02日・31日
●2020年10月01日・31日


ちなみに、次回の2018年のブルームーンは1年に2回も!さらに珍しい年と言えます。それも1月と3月なので、間隔も短いです。


CI001LDUYAASV07_R 出典:twitter.com


そして、今年は7月がブルームーンの月にあたります。1回目は7月2日(もう過ぎてしまいましたが…)、2回目は7月31日。今回を逃すと次に観測できるのは3年後の2018年になってしまいます。


31日には、せひ空を見上げてブルームーンを眺めてみてください!もしかしたら、幸せが訪れるのかもしれません!?


出典:mashable.com

friday-s-blue-moon-is-the-last-until-2015-video
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加