「ジャック・スパロウが来た!」ジョニーデップが病気の子どもたちへサプラ イズ訪問!

6602486-3x4-700x933rパイレーツ・オブ・カリビアン」のシリーズ最新作「Pirates of the Caribbean:Dead Men Tell No Tales(原題)」をオーストラリアのクイーンズランドで撮影中のジョニー・デップ、彼は、撮影の合間に思い立ったように、ブリスベンの小児病院に、「ジャック・スパロウ」の格好のまま向かい、入院中の子供たちを驚かせました。


子供たちは突然のジャック・スパロウの訪問に驚き、そして、写真を撮ったり、ハグしたりと訪問を喜んでいたようです。
fd300003r-horzr
ジョニー・デップの呼びかけに他の出演者も一緒に訪問したようですね!一緒に写真に写っている少年はマックス·ベネットくん7歳、彼は数週間前に横断性脊髄炎と診断されました。彼は「パイレーツ・オブ・カリビアン」が大好き!ジャック・スパロウの大ファンだったのです!

彼に接しているジャックをマックスのお母さんが動画で撮っていました。ジョニー・デップのやさしさが溢れています。
<動画はこちら>


ジョニー・デップは、この様にこども病院に突然に訪問することもしばしばあるようで、本人も、以前インタビューでこども病院を突然訪問して、「子供たちを驚かすことは最高に楽しいよ!」と、語っています。訪問の時は、映画のキャラクターの衣装で訪問するそうです。その方が子供にもわかりやすいですもんね!

心優しいジョニー・デップの行動に世界中から称賛の声が上がっています。

こども病院をジョニー・デップが良く訪問しているとは知りませんでした。ますますジョニー・デップのことが好きになりました!
出典:YouTube
出典:www.abc.net
出典:twitter


fd300003r-horzr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加