【看護師談】死期を悟った多くの人が口にする”5つの後悔”

main

日常的に「死」という場面に接することの多い看護師。末期患者との会話で、患者が口にする「人生においての後悔」に関する話を聞く機会も多いといいます。


とある看護師が書いた「The Top Five Regrets of The Dying」という本が、Webメディアの Collective Evolutionの中で紹介されていましたのでご紹介します。


以下の5つは、死期を悟った人が口にしたことの中でも特に多い言葉のようです。


1. 期待に応えるよりも、“自分らしく”生きればよかった。

人生の終わりが近いと悟った時、もっと自分らしく生きれば良かったと考えるようです。叶わずに過ぎていったさまざまな夢があっても、ほとんどの人は、その内の半分にも全力を尽くせずに時間を費やしてしまう…。そして、それが自分の決断次第だったということに気づくようです。


2.あんなに、がむしゃらに働かなくてもよかった。

これは特に男性の意見に多かったようです。馬車馬のように働き続けて家庭を支えてきたことは素晴らしく誇るべきことです。その一方で、自分の子供が幼い頃にもっと一緒にいてあげれば良かったとか、妻に対してもっと感謝して愛情を注いであげればよかったなどと後悔するようです。


3.言いたいことは我慢せずに口に出せばよかった。

周囲の人たちとの関係を円満に保つために、言いたいことを我慢している人は多いです。その結果、自分が望んでいないどうでもいい人とも関係を続けることになり、そこには本音のやりとりはなく、刻一刻と時間は過ぎていく…。人間関係のストレスをためこんで病気になってしまう人はとても多いようです。


4.もっと友達と連絡をとればよかった。

死期を悟った人から「もっと友達と連絡をとればよかった」という言葉が出てくるそうです。自分が大切と思う友達すべてとの関係が長く続くことがよいのでしょうが、自分の時間、家族との暮らしもいろいろとある中で、年々疎遠になってしまう友達もいるでしょう。なぜもっと友達関係に時間と努力を費やさなかったのか…。多くの人が、死の間際になって初めて後悔するようです。


5.自分自身の幸せをもっと追求するべきだった。

この意見はとても多かったそうです。死ぬ直前まで「幸福」が選択肢であることに気づけないのです。古い習慣にとらわれて、慣れ親しんだ快適さや身体的な条件の前に情熱を忘れてしまう。変化することに臆病になり、他人の真似やいつも通りの自分のままで生きてしまう。そして、いつの間にか、自然に笑って生きることができなくなっている…。笑ってしまうような無邪気な人生を取り戻したいと、最期になって心から後悔するようです。


健康が人を盲目にしてしまうこともあるのかもしれません。生きていく上での心構えとして、改めて参考になるものがいくつかありました。


出典: www.collective-evolution.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加