NASAが観測史上「最も地球に似ている惑星」を1400光年先に発見!

main 出典:twitter.com

米航空宇宙局(NASA)の専門家は7月23日、観測史上最も地球によく似た「惑星」=「ケプラー452b(Kepler 452b)」を発見したことを発表しました。地球から1400光年離れた場所に位置しているようで、太陽とよく似ている「恒星」の周りを385日周期でまわっているそうです。気温もほとんど地球と同じだとされています。

ケプラー宇宙望遠鏡で観測されたこの惑星は、地球と同じ岩石質であり、地球の1.6倍の直径があるとのこと。ちなみに、太陽とよく似た恒星は60億年前に誕生したとみられ、太陽が誕生したとされる15億年前よりも古くから存在しているようです。


左が地球、右が「ケプラー452b」
452b_artistconcept_comparisonwithearth_R 出典:www.iflscience.com


惑星と恒星の距離も、地球と太陽の位置関係と似ている

「ケプラー452b」と恒星との間の距離も、地球と太陽の位置関係と似ているそうです(恒星を周回する軌道の半径が、太陽と地球間の距離に等しい可能性が高い)。また、「ケプラー452b」には、生命が存在するために欠かせない液体の水が存在し得る状況とみられています。

CKoh4fFUEAA92jn_R 出典:twitter.com


専門家はこう言っているそうです。

この惑星に必要な物質と条件がすべて整っているのであれば、生命が存在するのに十分な時間と機会が生じている。


地球から1400光年の距離にあるこの惑星は、地球の未来の姿を垣間見せてくれる可能性があるということだ。



今回の発見に対して寄せられていた声


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


今後の観測により、また新しい発見が出てくるかもしれませんね!


出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加