「今度は俺の番です。」妊婦さんに席を譲った高校生の心温まるエピソードが話題に

0936_LLr Twitterで紹介された一つの電車でのエピソードが話題を集めています。
Twitter投稿者のお姉さんは妊婦さんらしく、満員電車が大変だった時に、ある一人の高校生が席を譲ってくれたのですが、その高校生が一言お姉さんに言った言葉で急にドラマチックな展開に!


▼こちらがそのツイート


私のお姉ちゃん妊娠中なんだけど、朝の満員電車で高校生の男の子に席を譲られたらしい。有難いなって思ってたらその男の子が「覚えてないと思いますが俺が小学生だった頃毎日同じ駅で貴方に席を譲ってもらいました。今度は俺の番です。」って言ったらしく。いやあすげえな〜。いや…すげえな。漫画か。

そう言われてやっと姉も思い出したみたいなんだけど姉が高校生の頃、毎日同じ駅から乗ってくる小学生くらいの子がいたみたいで朝はいつも満員電車だから初発から乗ってる姉は譲ってたらしい


心温まるお話です。高校生になった男の子は、すぐあの時のお姉さんだって気づいたんですね!当時よっぽど嬉しい経験だったのでしょうね!

素敵なエピソードでホントに映画や漫画のお話みたいですね!

情けは人の為ならず

(「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」というのが原義)

本当これですね!

出典:Twitter

0936_LLr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加