「なぜ勉強をするのか?」という子供の質問に対する母親の”回答”が話題に

mainmain 出典:geinou-ura.com

「なぜ勉強をするのか?」という子供の質問に対する母親の”回答”が、Twitterで話題になっているのでご紹介します。


コップを指して…「国語なら『透明なコップに入った濁ったお茶』、算数なら『200mlのコップに半分以下残っているお茶』、社会なら『中国産のコップに入った静岡産のお茶』と色々な視点が持てる。多様な視点や価値観は心を自由にする。



これは、投稿者が小学2年生の頃の母親とのやりとりだそうです。

「なぜ勉強をするのか?」。幼い頃に誰もが一度は思うであろう質問に対して、「国語」「算数」「社会」という子供にとって分かりやすい切り口で回答しています。

「勉強をしないとお医者さんになれないよ」「勉強をしないと志望校に入れないわよ」などという回答はありがちかとも思いますが、この投稿者の母親の回答は具体的で子供にとっても納得のいくもの、考えさせられるものではないでしょうか。

また、投稿者が小学2年生の頃の母親とのやりとり、印象的な母親の言葉としてこうして数年後にツイートしているあたり、投稿者の脳裏に深く刻まれているのでしょう。


このツイートに対して寄せられていた声


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

感心されている方が多いですね。


子供から何か質問された時に、ついつい漠然と答えてしまいがちでしたが、「なぜ勉強をするのか?」という子供の質問に対する母親の”回答”が、子を持つ親としても勉強になりました。



出典:twitter.com

mainmain
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加