命の危険が及ぶほど”毛をもこもこ生やし過ぎた羊”を毛刈り職人が救った!

main 出典:www.facebook.com
オーストラリアのキャンベラで2日(現地時間)、“毛をもこもこ生やし過ぎた羊”が保護されました。ただ、命の危険が及ぶほど毛が多かったため、救助した動物保護団体・RSPCA ACTが毛刈り職人をTwitterなどで急募。募集後すぐに毛刈り選手権の国内チャンピオンが名乗り出て、羊の毛刈りを行ったという話題です。


ちなみに、これが保護された羊です。

出典:twitter.com

それにしても、毛の量がもの凄いです。長い期間刈られていない毛は、深刻な疾患をもたらすほどの量だったようです(保護された時は瀕死の状態だったとか…)。

RSPCA ACTのスタッフいわく、この地域で見つかった羊の中では間違いなく最大級とのこと。通常の大きさの5倍程度はあるという羊の姿に驚いていたようです。


今回、名乗りでてくれたのは、オーストラリアの毛刈り選手権のチャンピオンであるイアンさん。「自分の毛刈りのキャリアにおいても最大の挑戦だ」と話していたそうです。

出典:twitter.com

イアンさんにより、無事に毛刈りを終えた羊の様子。

出典:twitter.com

ちなみに、これが毛刈りの前後の比較。随分すっきりとしました。いかに毛の量が多かったのかが分かります。

出典:twitter.com

今回、この羊は偶然発見され、RSPCA ACTの迅速な対応により毛刈り職人の力を借りることができました。とにかく、命をつなぎとめることができて本当に良かったと思います!



出典:www.facebook.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加