【世界でも稀】インドネシアの火山で見られる「ブルーファイア」現象が幻想的!

main 出典:www.thisiscolossal.com

インドネシア・ジャワ島にあるイジェン火山の「ブルーファイア」現象。先月、世界でも非常に珍しい光景として知られているこの現象を撮影した写真が、海外サイトにアップされて話題になっていました。


イジェン火山は2799m。観光客の間ではブルーファイア現象として有名ですが、地元の人々の間では硫黄の産地として定着しているそうです。
wu-5_R 出典:www.thisiscolossal.com

周囲が明るい時のブルーファイア現象。
wu-1_R 出典:www.thisiscolossal.com

暗くなった時は鮮やかです。この現象を見るためには、夜明け前までに火口まで登らなくてはならないようです。
wu-4_R 出典:www.thisiscolossal.com


なぜ、このような現象が起きるのか?青い炎の正体は!?

一見、溶岩が青く光っているように見えますが、青い炎は「硫黄」だそうです。硫黄ガスが燃焼する際に発生する光が青く輝いて見えるとのこと。その硫黄ガスの一部が液状に凝縮し、燃焼を続けながら山肌を流れ下っていく様子が、まるで青い溶岩のように見えるのだとか。


ちなみに、これは採掘された硫黄です。
o0640048013212416481_R 現地の人々がこうして運んでいるでそうです。
o0640048013212416482_R 出典:ameblo.jp


漆黒の闇に幻想的に輝く青い火山。現地の人々の間では神が棲むとされ、崇められているそうです。
wu-2_R
今回のような写真を撮影するためには、かなり接近しなければならず危険が伴うようですが、実際に目にした時の美しさや迫力は想像を絶するのでしょうね!



出典:www.thisiscolossal.com / www.ana.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加