「香港の超過密住宅」「ポーランドの世界一細い家」狭すぎる部屋の暮らしが気になる

main
香港の超過密な集合住宅、ポーランドの世界一細い家など、とにかく狭い部屋の暮らしぶりが伝わってくる画像をいくつかご紹介します!


香港の超過密住宅

近代化が進む香港でも、こうした集合住宅が今も多く残っています。一体、どんな暮らしぶりなのでしょうか?
towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_02
1人しかいなくても、この狭さ。
towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_06 towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_12
人数が増えると、さらに狭く…。歩けスペースもほとんどない。
towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_03 towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_09
家族が集まると、こんな感じ。
towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_18
下から見上げた光景。カラフル且つ味のある雰囲気です。
towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_07 towering_apartment_buildings_provide_tiny_cramped_accommodation_for_residents_in_hong_kong_640_05
各部屋は2、3畳のスペース。香港は日本に比べて地震が少ないとはいえ、災害時の避難など考えると、ちょっと心配になりますね!?


ポーランドの世界一細い家

一方、こちらはポーランドに建設された世界一細いと称される住宅です。

外観はこんな感じ。家には見えません。
5d05b2b50be5f17af529a3608fc0cddc_R
寝室、収納、キッチン、トイレ兼シャワーなど完備しているそうです。
f26ceb94d10ddffd12f27ba41618a1e1_R
寝室です。ちなみにこの家、幅が最少部分で72cm、高さ9m、奥行き10mとのこと。
ff259291da53f6987d275bd460607f81_R
設計したのはポーランドの建築家であり、所有者はイスラエルの作家 エドガー・ケレットさん。ポーランドのアート活動の一環として、ワルシャワ当局の資金により建設された住宅のようで、半年毎にアーティストに貸し出しているそうです。
e13f658bd85c20c0065099575fba361f_R

いかがでしたでしょうか?仕事や勉強などをする分には集中できそうですね!?期間限定であれば、一度住んでみたいと思いました。



出典:izismile.com / miraie-future.net

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加