「国の誇り」「もっと大きく扱うべき」車いすテニス・国枝慎吾が全米オープン2連覇!

main 出典:twitter.com

テニスの全米オープン車いす部門の男子シングルス決勝が13日行われ、国枝慎吾選手(日本)がステファン・ウデ(フランス)に逆転勝ちし、2年連続6度目の優勝を飾りました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

第1セット、国枝慎吾選手は相手のサーブに苦戦して落としてしまいますが、ラリー勝負に切り替えたことが功を奏して第2、第3セットを連取。見事な逆転劇で2連覇を成し遂げました。


今年は全豪オープン、全仏オープンも制覇

今年は全豪オープン単複、全仏オープン単複と出場したグランドスラムで負けなしの国枝慎吾選手は、ダブルスのみのウィンブルドンで今季初の敗戦を喫しました。さらに、今大会のダブルスには、シングルス準決勝で対戦したJ・ジェラール(ベルギー)とペアを組むも初戦で敗退。王者として今季最後のグランドスラムである今大会で、タイトル獲得の期待がかかっていました。


リオはもちろん、東京五輪も見据える

国枝慎吾選手は、1年後に迫ったリオデジャネイロ・パラリンピックに向けて「この調子を継続したい」と語っています。また、36歳で迎える2020年の東京五輪でも「金メダルを狙える位置にいたい」と意欲を燃やしています。


国枝慎吾選手の快挙に対して寄せられていた声

・彼をもっと称賛すべき。

・素晴らしい。かっこよすぎ。もっと大きく扱って欲しい。

・テニス熱も最近あがってきましたし、テレビに放送されても良い競技ではないですかね。恐らく見たことがない人が多いと思いますが、それはもう迫力のある試合ですよ。

・すごいとしか言い様がない。努力も半端ない。体調も色々と気を使わなければならない中で一生懸命。ほんとプロフェッショナル。もっとメディアで取り上げて欲しい。

・震災後、東北に来てくださったけど、とても素敵な方でした。ネットにある映像を見たことがありますが、想像をはるかに超える迫力でした。パラリンピックもそうですが、もっとこういう競技をテレビで放送してほしいです。

・日本は障害者のスポーツ大会における功績を小さく扱いすぎる気がする。もっと大きく扱うべき。オリンピック誘致のためには利用するくせに。

・この国枝選手の偉業はもっと大きく取り上げられるべきと思う。放送局も国枝選手の特集番組など組んでほしい。もっとこの選手について知りたい人は多いはず。

・彼に国民栄誉賞とか何か叙勲とかすべきではない。国の誇りだよ。彼の偉業は。


国枝慎吾選手の快挙を称賛する声はもちろんのこと、メディアはもっと大きく取り扱うべきとの意見がとても多く寄せられていました。


9歳の時に脊髄腫瘍により車いすの生活となり、11歳から車いすテニスを始める

国枝選手は全米6冠目。世界ランキングトップの王者であり、日本テニス界のレジェンドです。9歳の時に脊髄腫瘍により車いすの生活となりますが、11歳から車いすテニスを始めて17歳から海外ツアーへ参加。その後、2004年アテネパラリンピックでダブルス金メダル。2008年北京パラリンピックではシングルス金メダル獲得など輝かしい成績を残してきました。

国枝慎吾選手には、世界中の多くの人たちが勇気づけられています。



出典:headlines.yahoo.co.jp / www.yomiuri.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加