堤防決壊による水害時”激流にも流されなかった白い家”が命を守ったと話題に

main 出典:twitter.com

関東・東北水害で甚大な被害が出た茨城、栃木。その中で、激流に耐えて流されなかった白い家が、この家の家族や近隣住民の命を守ったと話題になっています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

場所は、常総市三坂町の堤防決壊現場。周囲の住宅が壊滅的な状況の中、1軒の白い家がほとんどそのままの形で残りました。流れてきた家を受け止め、また、この家が周囲の水流を弱めたことで、激流の中で電柱につかまった男性が助かった要因になったという見方もあります。


東日本大震災があったので、地震に強い家にしたかった

この家は3年前に新築したといいます。家主は「東日本大震災があったので、妻と相談して地震に強い家にしたかった」と話していたそうです。

sub 出典:twitter.com

鉄筋2階建のこの家は、基礎部分にコンクリートのほか、地中に18本の杭が打ち込まれているとのこと。


堤防決壊時、家族4人が家の中に

堤防が決壊した際、妻と2人の子どもを含む家族4人で家にいたそうです。家主は「この家なら大丈夫。外に出るより家の中にいた方が良い」と家族に指示したといいます。

流されてきた家を受け止めた時の衝撃は凄まじいものがあったようですが、外壁が損壊することもなく家族は無事。その後、家族はヘリコプターで救助されました。


この件に対して寄せられていた声


・強い家を…と思っていてもなかなか資金の問題もあって出来ないんだよね。流されなかっただけでなく、外壁も無事というのがすごい。

・流されてきた他の家がぶつかっても耐えたのは凄いし、外に出るよりも安全というのは自分の家がある意味で緊急避難の場になるって事だよね。

・家主さんやご家族の事を思うと、何と言ったらいいか…。ニュースを見て思ったのは奥さんやお子さん達を守った家、凄いですね。

・災害の教訓を生かせる人と生かせない人との差がでたね。

・流されなかったのは基礎がしっかりしていたからだろうけど、外壁も破損がなさそうなのもすごい。家が衝突したら穴が空くでしょう普通。


今回の激流によって基礎部分の土がえぐられたため、当面は帰宅できないとのことですが、家主は「何より家族が助かったので良かった」と語っています。台風や洪水、地震、津波、土砂崩れ…など、災害の多い日本。この件についてはさまざまなことを考えさせられます。



出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加